稲佐の浜

夕日が美しい神話の舞台

出雲大社から1kmほど西にある、白砂が美しい海岸で「日本の渚百選」に選ばれており、日本遺産「日が沈む聖地出雲」のシンボルでもあります。

古事記の「国譲り」や、出雲神話の「国引き神話」の舞台として、神話の時代から全国的に有名な浜です。
また旧暦10月の神在月には、全国の神々をこの浜でお迎えします。

稲佐の浜から持ち運んだ砂を、出雲大社ご本殿北側にある素鵞社(そがのやしろ)で清められた御砂と交換して持ち帰り、自宅にまくと土地が清められるご利益があるといわれています。

住所 島根県出雲市大社町杵築北2844-73
お問合せ先 TEL:0853-31-9466(出雲観光協会)
関連情報 関連サイト